イベントの資料配布にクリアファイルを利用する効果

企業が新商品の開発を行った際の販促を目的としたり、就職や転職を求める人たちへのリクルートを目的としたりしてイベントを実施することがよくあります。
そういった際には持ち帰ってもらうための資料を渡すことで販促やリクルートの効果を高めることができます。
その際に持ち帰ってもらう資料を一冊のパンフレットに仕上げるというのも一つの方法ですが、場合によってはパンフレットやチラシ、アンケートや追加情報等をまとめて手渡したいということも珍しいことではありません。
そういったときに役に立つのがクリアファイルです。
まとめてはさんで渡すことにより全ての資料を一括して渡せるだけでなく、取捨選択せずにまずは持ち帰ってもらうことができます。
それに加えてファイル自体にも自社の宣伝を盛り込んだオリジナルのものにしておくことで宣伝広告の効果を高めることができます。
特にクリアファイルは日常的に利用する人も多いことから、手渡したその人が普段使いに利用して企業名や商品について覚えてもらえる可能背が高まります。
また、使用している際に周囲の人の目につくことも多いため、手渡した人の周囲にまで宣伝効果を期待することができます。
そういった宣伝効果の広がりを期待できるのがクリアファイルなのです。

クリアファイルの有効活用による書類整理

クリアファイルはオフィス用品として広く使われているものであり、必要な書類を挟み込むことによって書類の整理や保護に役立ちます。
しかし、書類の管理という観点からすると本棚などにしまってしまうと一度取り出して見てみなければ中身を確認できないという点が弱点でもあります。
通常の厚みのあるファイルであれば背表紙にラベルを付けることで本棚から取り出さなくても中身を知ることができるでしょう。
こういった便利さの差が弱点にならないようにするには有効活用法を考えることが大切です。
書類に目印や索引をつけるために付すラベルシールをクリアファイルの外型につけることによって本棚の中に入ったままでも何の書類が入っているのかということがわかるようにできます。
また、何度も中身を入れ替えることを想定して、付箋を使ってラベリングするのも良い方法です。
自分だけが使うのであれば詳細が書き込まれていなくても色の違いやそこに付す記号などで区別すれば効率的に書類の整理ができるようになります。
また、棚から見える側の橋にマーカー等で色を付けてしまうというのも一つの方法です。
クリアファイルとラベルシールや色や記号を用いたラベリングを利用することで書類整理の効果が飛躍的に上昇するでしょう。

recommend

お待たせしない総合クリニック。

西新宿 皮膚科

おすすめの飲み方など、青汁に関する様々な情報を紹介します

おすすめの青汁情報

2018/5/24 更新

『クリアファイル』 最新ツイート

@H7ZDHlmgGjnEZFh

@yui_yurinaLove 平手のタオル(特に欲しい)とクリアファイルが欲しいのですが、どうしたらトレして頂けますか? もしくは、タオルはおいくらで売って頂けますか?

13秒前 - 2018年05月26日


@pandapan1220

@xx_tkm_nj 頑張ります... サイン入りクリアファイルしか持ってないです...😇

2分前 - 2018年05月26日